Trouble Everyday

青山陽一OFFICIAL BLOG
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Twitter
Lesson
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
田村玄一さん還暦イベントが明日に迫りました
さて、田村玄一さんの還暦をお祝いする日比谷野外音楽堂でのアニヴァーサリー・イベント、いよいよ明日に迫ってまいりました。
我々、青山陽一 the BM'sの他、堀込泰行、LITTLE TEMPO、Lonesome Strings、KIRINJIという玄さんとの関わりが深い5グループの演奏を中心にお送りする壮大な音楽絵巻となりましょう。

当日は時間の都合もあり、あまり突っ込んだMCもできないと思いますので、この場をお借りして少々。
この出演5アクト中、玄さんの最も古い参加グループは、何を隠そうBM'sでありまして、90年に私が最初のソロアルバムを出し、92年1月をもって一旦休止に入ったGRANDFATHERSの後、自分名義のライヴ活動を本格的に開始したその一番最初(1992年6月)からサポートしていただいたミュージシャンなのでした。
なぜだかGRANDFATHERSのことを気に入られた玄さんは、GF後期はしょっちゅうライヴにも来てくださって打ち上げなんかでもお話するようになり、そんな縁もあってソロ用バンドを編成するときに声をかけさせていただいた次第。玄さんは私より9つも上の先輩でしたけど、大した実績もない自分のような若造にも積極的に関わっていただき、本当に助けられたのでした…。

初期BM'sはキーボードのない編成でしたが、玄さんはペダルスティールをレスリースピーカー(ハモンドオルガン用として知られる巨大な家具調の箱入り回転スピーカー)に繋ぎ、オルガン的な音を出すというユニークな発想で演奏して、サウンドに唯一無二の個性を加えていました。スライド系はもちろん、スティール・パンなどの楽器を持ち込んで、一味違うテクスチャーを加える名人でもありました。ご本人曰く「隙間産業」なんておっしゃってた事もありましたが、極めてオープンなキャラも相まって、その後も様々なシーンで玄さん色が活かされていったのも当然のことだったと思います。あ、明日も出演するLonesome Stringsのギタリスト桜井芳樹さんも当時BM'sメンバーだったのですよ。玄さんと桜井さんの出会いもこれが最初だったのではないかと。

近年のBM'sでは、玄さんは中日ドラゴンズで言えば谷繁監督兼選手のような形で要所で登場していただく存在となっていますが、9/21の渋谷O-nest公演には久々に全面参加の予定ですし、まだまだ我々にとって頼りになる存在です。明日はそのあたりもしっかり見えてくる構成になってると思います。もちろん他のグループでもお楽しみはたくさんあるはずです。 ということで野音でお会いいたしましょう。なにやら台風接近中という話もありますけど、「持ってる」玄さんですのできっと大丈夫かと!

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoichiaoyama.jugem.jp/trackback/601
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.